タイ チョーガンチャーン(CK)

タイのゼネコン2位チョーガンチャーン(CK)では高架電車の
ライトグリーンラインの延伸事業「ベーリン」~「サムットプラカーン」
全13Kmの路線建設事業の入札を落札したことを公表しています。

建設提示額は141億バーツとしてゼネコン最大手イタリアンタイ(ITD)や
シノタイ・エンジニアリング(STEC)を下回る入札価格を提示しました。
今後2011年8月には正式契約を交わし、建設開始は2011年末以降としています。

チョーガンチャーン(CK)では子会社で水事業も展開しています。
タイ政府は1990年代に首都バンコク近郊で深刻化した地盤沈下、地下水汚染を
解決する目的で2000年にタイ・タップ・ウォーター・ サプライ(TTW)社が設立
されました。

また、三井物産が2006年3月タイ大手建設会社であるチョーカンチャン社を
パートナーとしてTTW社へ35%出資して、事業参画しています。

チョーガンチャーン(CK)では電力・交通・水分野等のインフラ事業を
新たなコアビジネスと位置付けて、発電事業、地下鉄、高速道路、上水供給を
展開しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。