タイ サハ・パタナビブン(SPC)

タイの大手コングロマリットのサハ・グループの筆頭旗艦企業の
サハ・パタナビブン(SPC)では2011年度サハ・グループフェアを
2011年6月30日~7月3日でクイーンシリキットコンベンションセンターで
開催すると発表しています。
2011年度はサハ創業者の没後20年となり大規模にイベントを行なう予定です。

サハ・パタナビンは日本企業との合弁事業が多く、代表のブンヤシット氏は
親日家で知られています。
創業者ティアム・チョークワタナー氏が日本から消費財
(シャンプー、時計、Tシャツ)を調達。
輸入販売からスタートし販社「サハ・パタナビン」を設立します。

その後は日系企業を中心にして事業を拡大。
トイレタリー、洗剤 → ライオン社
女性向け下着   → ワコール社
衣料・下着      → グンゼ社、イトーキン社
化粧品、即席めん系、飲料、スポーツ用品、流通などを展開していきました。

またアジア通貨危機時には大きくダメージを受け、方針を「海外向けへ輸出」
へ転換。

国内市場の拡大から、輸出先開拓を目的としてサハ・グループ展示会を開催
するようになります。

当初1回目はラマ3世通りのモンティエンリバーホテルでしたがバイヤーも
増えて行き見学企業も増加。
利便性を考え、会場をクイーンシリキットセンターへ移動しさらに規模を
拡大していきました。

展示会の名称も「SAHA GROUP EXPORT & TRADE」からスタイルも変化し、
内需も回復していったことから消費者向けにも解放しました。
4日間のうち消費者セールでは特別割引キャンペーンなどもあることから
毎年多数の来場者となります。
そして名称も「SAHA GROUP FAIR」へ変更され、タイ人なら誰でも知るほどの
ブランドと、4日間にわたる大きな展示会フェアへ成長していきました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。