マレーシア 政治体制・内政

1.政体     立憲君主制(議会制民主主義)
2.元首     ミザン・ザイナル・アビディン第13代国王
         (2006年12月就任、任期5年、スルタン会議で互選。
トレンガヌ州スルタン)
3.議会      二院制
          上院議席70:任期3年。44名は国王任命、26名は州議会指名。
          下院議席222:任期5年。直接選挙(小選挙区制)
4.政府      首相:ナジブ・ラザク(2009年4月就任)
5.内政
2003年10月、22年間にわたりマレーシアを率いてきたマハティール首相勇退。

2003年    アブドゥラ副首相が第5代の首相に就任。

2008年3月  下院議員選挙で、与党連合議席減(90%→63%)
2008年7月  アブドゥラ首相は、「2010年6月にナジブ副首相に政権を移譲する」
と発表。
2009年3月  ナジブ副首相に政権を移譲、ナジブ第6代首相が誕生。
         ナジブ首相は、「1 Malaysia」スローガンで、
         民族融和とともに与党連合の支持回復を図っている。