タイの政治

7月3日に投開票が行われたタイ下院選挙(定数500)は、タクシン・シナワット
(Thaksin Shinawatra)元首相派のタイ貢献党(Puea Thai)が圧勝しました。

タクシン氏の末妹で同党党首のインラック・シナワット(Yingluck Shinawatra)
氏(44)が、タイ初の女性首相に就任することが確実となりました。

タイ選挙管理委員会の発表によると、ほぼすべての票が開票された時点で、
タイ貢献党の獲得議席数は過半数を超える263議席で、アピシット・ウェチャチワ
(Abhisit Vejjajiva)首相が率いる民主党の161議席を大きく上回りました。
タイ総選挙の全体の推定投票率は74%と発表されています。