マレーシア TPP

マレーシアのムヒディン・ヤシン副首相は、アジア太平洋地域の自由貿易圏を
目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関して、マレーシア~ベトナムに
おける前回交渉で進展があったとコメントしています。
2011年11月には大まかな合意に達することができるとコメント。
またマレーシア~米国との交渉も予定通り進んでいることもコメントしました。

2011年現在時点でTPP交渉に参加しているほかの国は、オーストラリア、
ブルネイ、チリ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの各国で
交渉継続中な案件は労働分野、環境分野、知的財産分野となっています。

日本のTPP参加の可否は中断されていますが、結論はまだ出ていない状況です。

東南アジア諸国連合(ASEAN)のスリン・ピッスワン事務総長も日本の
「環太平洋連携協定(TPP)」参加について、「東南アジア全体によい影響を及ぼす」
とコメントしていますが、おそらくTPP反対派との交渉に時間を要するものと
見られています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。