タイの政治

タイの政治では惨敗した民主党側が裁判所へ、不正な選挙活動があったとして、
憲法裁判所へタイ貢献党(プアタイ)党の解散を求め裁判を起こしています。

仮に有罪の場合は、プアタイは解党され、党役員は5年間の参政権停止処分を
受けます。

しかしながら、プアタイの党幹部の多くは党役員ではないために解党処分を
受けても、党所属の下院議員を別の政党に移籍させるスキームは準備してある
としています。

また反タクシン派の市民組織「民主市民連合」(PAD)が訴えた選挙、
無効票キャンペーンは前回2007年の総選挙でのボイコット票を下回ったことが
発表されています。
こちらは選挙活動運動期間中、動物が顔写真の選挙看板を作り、
「動物を国会へ送るな」との投票ボイコットキャンペーンを張りましたが
失敗に終わっています。

2008年11月12月には当時のタクシン派のソムチャイ政権へ向けてタクシン派
政権退陣を求めてスワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港を占拠して、
2008年12月に反タクシンの民主党アピシット政権発足のきっかけを作りましたが、
その後民主党とも意見が対立し、今回の選挙の蚊帳の外になっていました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。