タイ サハ・パタナビブン(SPC)

タイの消費財大手のサハ・パタナビブン(SPC)はこれまでシラチャーなどに
早稲田大学と共に日本人向け学習施設を提供したり、日本系企業への協力を
多く進めています。

今回東部チョンブリ県シラチャー町に「Japan Town」を建設する計画を発表。
観光、ショッピング、娯楽施設を組み合わせた複合施設を建設するとしています。
建設費用は100億バーツでサハグループとしては初めてとなる観光・テーマパーク
事業となります。
96万平米の広さで日本の飲食レストラン、ファッション、アトラクションなどを
準備する計画です。

シラチャー町はかつては寂れた漁村でしたが、工業団地群の開発で駐在員として
日本人が多く住むようになり、一気に日本人の割合が増加しています。
また日本人学校分校も建設され、一部の日本人児童が通っています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。