タイ 自動車産業

三菱自動車は2012年上半期中に、タイでの車両生産能力を2011年現在の2.3倍の
年45万台に増強すると発表しています。
2012年3月稼働を目指し建設中の新工場(年15万台)でグローバルスモールを
生産するのに加え、既存2工場の能力も+50%増の年30万台に引き上げると
しています。

2011年現在、合計で年20万台の能力を持つレムチャバン工業団地の
第1、第2工場に塗装設備などを追加して、+10万台の増産を行なう計画です。

またタイ国内では日産自動車の1トンピックアップトラック「ナバラNabra」の
受託生産も始めます。
OEM供給台数は年6万台の予定です。

電気自動車(EV)のタイ生産に関してはタイの首都圏配電公社(MEA)、
地方配電公社(PEA)と電気自動車「i-MieV」の実証走行試験の実施を行うことを
合意しています。

三菱自動車の益子修社長は、タイのバンコク市内のホテルで、
「タイを日本の水島工場をしのぐ最重要生産拠点と位置付ける」と強調しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。