マレーシア パームオイル企業

世界2位のパーム油生産国であるマレーシアからのパームオイル供給が
増加しており、パーム油価格が過去9カ月超で最低水準まで下落する見込みが
出されています。
この影響で世界の食料価格が下落に向かう可能性もあるとしています。

マレーシア産のパーム油価格は2011年9月末までに-7.9%下落し1トン当たり
2800リンギット(約7.3万円)になるとみられています。
アナリストやプランテーション(大規模農園)企業に対する別の調査では、同国の
パーム油の2011年6月の在庫は+5.8%増の203万トン、生産高は+2.3%増の
178万トンでした。

マレーシアのパーム油大手は
Kuala Lumpur Kepon クアラルンプール・ケポン 2445  プランテーション
消費財、農業、不動産
売上 74億9000万リンギ  純利益 10億1200万リンギ  となっています。