日系各自動車メーカーのタイのシフト

日系各自動車メーカーのタイのシフトが本格的になってきました。

三菱自動車は、タイのエンジン工場の生産能力を年産25万基から40万基へ
増やすことを発表しています。
タイの新工場で小型車「グローバルスモール」の生産を2012年に始める計画があり、
タイを日本以上の生産台数へ切り替えていくとしています。

ピックアップトラックなどを年20万台生産していますが、今後日産自動車からの
受託生産などで年30万台まで増加する見通しです。

また、日産自動車は、シンガポールに置いている東南アジアの統括会社機能を
生産工場があるタイに移管すると発表しました。
シンガポールの「アジア・パシフィック・ニッサン」と
タイの「ニッサン・テクニカルセンターサウスイーストアジア」を統合。
Nissan Motor Asia Pacific Coとしていくとしています。

今後2016年までに東南アジア域内で3倍増となる50万台を販売する計画を
打ち出しています。
新規に10のモデルを発売開始し、マーケットシェア6%台のタイ、インドネシア、
マレーシア、フィリピン、ベトナムの販売シェアを15%まで伸ばす計画です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。