タイとカンボジアの外交問題

タイ新政権が誕生しタイとカンボジアの外交関係に修復の動きが
見られています。
国境問題でプレビヒア寺院Preah Vihear temple.の争い問題に対して
国境問題を解決するRegional Border Committee (RBC)会合は8月23日24日
ナコンラチャシマにて開催されます。

The RBC会合はThailand’s Second Army Regionタイの第2軍部と
カンボジアの第4軍部Cambodia’s Divison 4との会合になります。

首相となったYingluck Shinawatra’女史の兄はタクシン・シナワトラ氏
であり、カンボジアの経済顧問になったこともあります。
カンボジアの首相Hun Sen氏は外交向けプレスにて両国の関係改善に良い
方向へ向かうとしています。

2011年6月にはインドネシアの武装解除オブザーバーのもとで国際裁判所
International Court of Justice(ICJ)両国の和解と一時的休戦と両国軍の
撤退を指令していました。

またカンボジアではカンボジア国防省のTea Banh防衛省大臣
外務省Hor Namhong大臣がGeneral Border Commission (GBC)会合を設ける
としています。

タイ側ではYutthasak Sasiprapa防衛省大臣が参加する見通しです。