タイの不動産

タイの不動産マーケットは2010年度大幅上昇しました。
タイ人、外国人のコンドミニアム購入が大きく伸びました。
しかしながらトラブルも発生しプロジェクトが完成していないものもあります。

開発業者が資金ショートするケースもあり、セールス契約の返金履行されない
ケースなども発生しています。
タイでは基準となる契約履行のスタンダードがないために、今後基準となる
スタンダード契約書のフォーマット作成を進めるとしています。

タイでは内務省はセールス購入契約書を交わすことを
Section 6/2 of the Condominium Act B.E. 2522 (1979) で
取り決められています。
また修正されたものがCondominium Act No. 4 B.E. 2551 (2008)で交付
されています。

Section 6/2:any sale and purchase agreement between an owner of
the land and building under
Section 6 and a purchaser of a Unit shall comply with the form
prescribed by the Minister.
Any part of the sale and purchase agreement of the Unit under
paragraph 1 which does not comply with such form prescribed by
the Minister and is not in favour of the purchaser shall be invalid.”

もし違反した場合は100,000 baht以下の罰金が科せられます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。