インドネシアのネット・メディア媒体

2011年度のインドネシアの調査会社によるとインドネシアではテレビに次いで
インターネットをメディア利用する流れが増加しています。
調査はジャカルタを中心に15歳~50歳代から4482名を対象にアンケートを実施。
インドネシアYAHOOと調査会社のTNSが発表しています。

インドネシアでは
TVメディア利用    97%
インターネット利用  33%
新聞         25%
ラジオ        24%

この上記インターネット利用者のうち、89%がSNSサイト、72%がポータルサイト
61%がニュースサイトを利用するとしています。

スマートフォンが増加し廉価インターネットサービスが普及したことで
モバイル・スマートフォンからのネットアクセス者が増加したとしています。
3G通信もかなり普及していることでスピードも一定数あり、EC市場の拡大も
進んでいます。
今後はネット決済などの安全性が重要となるとしています。

毎日新聞社様の引用。

http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20110819ddlk36070378000c.html

遊山箱:9年ぶりにタイ・バンコクを訪れました… /徳島

 9年ぶりにタイ・バンコクを訪れました。新空港に地下鉄、
街の中高生はスマートフォン片手に巨大なショッピングモールでショッピング……。
東京とそう大差ない街の変貌ぶりに驚かされました。

 タイは、日本メーカーの生産拠点の誘致に成功するなどして
経済が大きく発展。私が最後に訪れた02年以降、
平均で5%近い経済成長を続けてきたそう。これでは「9年ひと昔」というのも、うなずける話です。

毎日新聞社の記者さんが書かれている通り、
バンコクはここ5年で大きく変化しています。

インフラ、ファッション、IT、消費行動、そして不動産周りなども
おそらく2012年~2014年で
先進国並みに大型商業施設が立ち並びます。

またお客様の対応が仕切れなくなり、オフィスと住居を引越ししました。

日本にたとえると、過去、日本の三鷹、府中などに電車が通り、一気に
発展して行ったように

バンコク東部エリアも開発が進んでいます。

これから毎年1本~2本新規大量輸送機関のラインが建設され、
駅が誕生、商業地が開発、住宅地開発、などが進んでいきます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。