マレーシア サンウェイ

マレーシア証券取引所(BRUSA)に新規上場を目指すSunway Bhd社は
Sunway Holdings BhdとSunway City Bhdの合弁企業で
IPOを目指すとしています。世界経済が混乱する中での上場をためらう動きが
ある中、予定通り上場するとしています。

マレーシア証券取引所(BRUSA)Bursa Malaysiaの報告では8月23日に
総額35億リンギ(900億円規模)で行なう予定です。
エグゼクティブダイレクターのSarena Cheah氏はためらうことなく上場を実施
するとしています。
創業者のTan Sri Jeffrey Cheah氏は今回の2社合弁は高い流動性を確保するため、
45億リンギのキャッシュが生まれるとしています。

SUNCITY Sunway City サンウェイ・シティ 6289  
不動産開発
売上 1,067 M RM 純利益 358M RM

SUNWAY SUNWAY HOLDINGS サンウェイ・ホールディングス  4308
不動産開発 ゼネコン
売上 1736 M RM  純利益 79 M RM
となっています。
新たに生まれるサンウェイ社では2つのコアビジネス、不動産開発とゼネコン事業
となります。
開発保有不動産は891ヘクタールになります。価格にして250億リンギとなります。
Sunway Holdings(SUNWAY)とSunCity(SUNCITY)の2社は8月2日から取引中断となり、
合併実現となります。