タイ BTSグループ(BTS)

タイの首都バンコクで高架電車BTSの乗客数はスクムビット線延伸区間の開業後、
かなりの乗客数が増加しています。

初の平日の8月15日は利用者が57万2626人になったと発表されています。
延伸開業前の2011年6月乗客数は平日平均が51万0957人だったことから、
それを+12%上回る計算です。

そして今週タイで初めて60万人の乗客数/一日を突破しました。

実際乗車してみると無料運行期間が8月12日~12月31日まで実施されているため
オンヌット駅までは子供連れが多かったのですが平日になるとバンチャーク駅、
プンナウィティー駅でもかなりの人数が乗り降りしていました。
またもっとも乗降客が多かったのはウドンスック駅でした。

また乗降客が減少するかに見られたオンヌット駅ですが、逆にバスが複数方向から
停留するターミナル駅として成長する可能性が高くなっています。
実際により乗降客が増加しています。

実際に乗車してみると朝、夕方はかなりの乗客数です。
2011年8月時点で
スクンビットライン→ シーメンス製3両編成で運行中
シーロムライン →  中国長江汽車製4両編成で運行中
となっていて、4両新車両の導入が望まれていますが、年末以降になる見通しです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。