インドネシア

インドネシアの中間層が大きく伸びていくことが予想されています。
ユーロモニターインターナショナルが発表した調査結果でインドネシア中間層が
2010年35.7%から2012年は58.3%まで急速に拡大する見方がでています。

インドネシアでは2009年→2010年の一人当たりGDPも大幅増加しており近年急速に
中間層の所得水準が伸びています。

2011年のモーターショー「第19回インドネシア国際モーターショーIIMS」も開催され、
ジャカルタ・インターナショナル・エキスポJIEで、盛大に開始されました。
2011年度のテーマは「Sastinable Green Technology」で環境に配慮した自動車
関連事業、自動車に人気が集まっています。

今後インドネシアでもタイを真似た、エコカー減税、低価格エコカー事業投資恩恵
スキームを実施する計画です。
展示ブランド数は合計32ブランドが出展。
日本自動車メーカーは14ブランドが出展しました。

展示総面積は6万3000平米を越え前年比+10.1%増となっています。
来場者予測は30万人(タイは180万人)。
取引額は2兆7000億ルピア(270億円規模)となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。