東南アジア各国の就職状況

シンガポールでは好景気の影響もあり、労働市場も逼迫しています。
2012年新卒予定者では採用が次々と決まっています。

大手大学、南洋工科大学NTUでは卒業予定者66%以上が内定、就職先を決定
しています。
すでに初任給提示で2万Sドル=130万クラスの学生もいると大手新聞社
Strait Timesが発表しています。

またシンガポールでもクルマの価格、住宅価格が高騰しており2011年インフレ
予測は当初3.0~4.0%付近であったのが4.0~5.0%まで伸びると修正されています。
インフレ上昇率に関しては数ヶ月間好景気もあり5%台のインフレが続くことが
予想され年末あたりに収束に向かうとしています。

またタイを撤退している人材派遣・紹介大手パソナグループはインドネシアに進出する
ことが決定しています。

2011年時点で8カ国に展開していますが今後新規にジャカルタ、ソウル、サンパウロの
各主要都市に展開し11カ国にしていきます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。