タイ投資委員会(BOI)

タイの投資委員会(BOI)ではいくつかの産業にて労働雇用面優遇政策を
制限していく方針を検討しています。
最終的には4つのセクターのみに付与していく考えを示しました。

秘書官のAtchaka Sibunrunag氏がコメントしました。
4つのセクターはインフラストラクチャー、ハイテクノロジー、
サービスインダストリー(タイ国内原材料)そしてタイ生産拠点として
生産される製品を候補としています。

上記4セクターはタイに必要な産業であると共に東南アジア他国との競争力強化の
ために必要なものであるとしています。
またBOI認可事業を減少させることは外資の投資件数を減らすことになるために
慎重におこなうとしています。
ベトナムの外資規制はタイよりもゆるく、外国人投資家を集めており、
マレーシアでは外国人投資家向けに資金援助などもおこなっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。