シンガポール テマセク・ホールディングス

シンガポール投資会社のテマセク・ホールディングスではシンコーポレーション
株を一部放出すると発表しています。
これまで関連会社を含むと出資比率が大幅に上回っていましたが、関連企業
Cedar Holdings Ltdは2億5350万株を放出しおよそ7.9%の出資分を放出する
としています。

結果、Cedar Holdings は46.44%の株主となっています。
ダウジョーンズニュースワイヤー誌によれば今回の売却で1株、35.50~37.25バーツ
で提示し購入金額からおよそ94億バーツほど高くなっています。

またテマセク100%資本のAspen Holdingsが、まだ41.6%の株式を保有しています。
即時売却は検討していないものの、少しずつ市場へ流していくとしています。
2006年1月にタクシン首相時代に、タクシン氏がシンガポールへ全株式を売却すると決定。
その後大きな反タクシン運動のきっかけとなりました。

当時テマセクはテマセク資本で49.6%を購入。タイ法人の名義はテマセクとの関係が深いとして
シンガポール企業ではないのかとの疑念を掛けられたこともありました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。