タイ セントラルグループ(CPN)

タイのセントラルグループ(CPN)ではアセアン経済統合へ向けてマレーシア、
インドネシア、ベトナムなどの近隣諸国の商業リテール企業に関心があると
しています。
これまではタイ国内重視でしたが2011年に入りイタリアの老舗百貨店を買収。
次に狙う候補先は2015年にアセアン経済統合を果たす中間層が増加していく
国々にフォーカスするとしています。

投資金額は未公表でしたが今後これまで手掛けた商業施設リノベーション
セントラルワールド、
セントラルプラザ・ラタナティベート
セントラルバンナーなどの商業施設の改築ノウハウを
活かして行くとしています。

アセアンには巨大商業チェーンが複数あり、
1SM Primeホールディングス (フィリピン国内40店舗展開)
2 Capitalland (シンガポール国内70店舗) となっています。

8月末にはセントラルラプラオ店が再開業し、2011年度の売上も+20%を
超える勢いです。