タイの広告事業費用

米系調査会社ニールセン・メディア・リサーチ・タイランドがまとめた
2010年のタイの広告支出は前年比+11.8%増の1010億バーツ
(約3030億円)でした。

媒体別ではテレビが前年比+14.8%増の607億バーツと全体の60%を
占めています。

2位 新聞媒体広告 150億バーツ (前年比 +6.0%増)
3位 ラジオ媒体広告 61億バーツ (前年比 -0.9%減)
4位 映画館広告   60億バーツ  (前年比 +23.3%増)
5位 雑誌媒体広告  56億バーツ  (前年比 +4.2%増)
6位 野外広告・看板広告 38億バーツ(前年比 -3.0%減)
7位 交通機関        22億バーツ(前年比 +27.8%増)
8位 店内広告      11億バーツ   (前年比 +36.8%増)
9位 インターネット    2.9億バーツ  (前年比 +12%増) 
となっています。

広告主の大手は、

1位 消費財大手ユニリーバ  72.5億バーツ
2位 消費財大手プロクター&ギャンブル(P&G)   24.6億バーツ
3位 食品大手ネスレ               18.3億バーツ
4位 化粧品大手バイヤスドルフ          17.7億バーツ
5位 トヨタ自動車                17.0億バーツ
6位 化粧品大手ロレアル             16.5億バーツ
7位 タイ首相府                 13.5億バーツ
8位 味の素                   13.1億バーツ
9位 コカコーラ                 12.5億バーツ
10位 トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC) 11.8億バーツ