タイの政治

タイの高等裁判所は、脱税の罪に問われたタクシン元首相の元妻ポチャマン
女史について、禁錮3年の実刑とした一審判決を破棄して、無罪を
言い渡しています。

ポチャマン女史もタクシン氏もそれぞれ、多くの不正蓄財、脱税などの罪に
問われていますが、王室系や軍部系に配慮する裁判所の判断でこれまでは
タクシン氏側に不利な判決が続いていました。

しかしながら7月にタクシン氏の妹インラック氏が首相に就任し、新政権が
発足した影響もあるのか、今後の裁判はタクシン氏側に有利な判断がされる可能性
が強くなっています。

ポチャマン女史は2008年に一部の親族会社の株式を無償譲渡。
この無償譲渡は税金逃れであるとして、一審刑事裁判所が有罪と判断されていました。