東南アジア株式市場

東南アジア株式市場は、優良株が多く上昇して引けています。
アメリカ連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が、低迷するアメリカ経済に
対する追加的な措置への期待が生じたことを受けて買いが入りました。

また低迷していたベトナム株式市場では、長く続いた高インフレの状態から
ようやく抜け出しつつあるとしています。ベトナムホーチミン市場VN指数は
2011年1月から8月までにマイナス-20%超下落しています。

ベトナム国内投資家は買いを入れるものの、海外投資家は売りに回っています。