タイ プルックサーリアルエステイト(PS)

タイの不動産最大手プルックサーリアルエステイト(PS)
Pruksa Real Estate Plc(PS)では首都圏郊外の販売シェアが2010年時点3%
から2013年度には10%以上伸びることで売り上げが大きく伸びるとしています。

チーフビジネスオフィサーのPiya Prayong氏は、2010年度の郊外エリアでの
販売額売上は アユタヤ、チョンブリ、プーケットなどで合計2億5000万バーツと
しています。
総売上の1%程度でありましたが2011年度は10億バーツを越え、3%
(総売上予測は320億バーツ)へ。
また2012年度は400億バーツの売上のうち5%のシェアを占めるだろうと予測
しています。

郊外地区の住宅需要は大きく伸びており、バンコクよりも広さも確保できること
からニーズが高まっているとしています。
また実際に不動産取得コストや建築コストも安いことから利幅も大きくなると
しています。

プルックサー(PS)では2010年度常時首位を走っていたランド&ハウスを売上規模
で追い抜いています。
2011年度上半期では売上122億2800万バーツで、純利益では17億1900万バーツでした。

ランド&ハウス(LH)では2011年度上半期売上121億1600万バーツで、純利益では
30億6900万バーツでした。

ランド&ハウスの方が高額物件のためにマージンは高くなっています。