タイ サイアム・マクロ(MAKRO)

中小企業向け卸売り企業のサイアム・マクロ(MAKRO)では2012年度の売上予測は
1000億バーツを目指すとしています。
2011年度上半期の業績は売上475億9300万バーツで、純利益では
12億5700万バーツでした。
新規店舗の開業、既存店舗の改修などで売上が伸びています。

卸売りのキャッシュ&キャリー方式で最大手となっており、タイ国内の高い
購買意欲に支えられ、またタイ政府の賃金引上げで恩恵を得るとしています。

アメリカ経済の不調、欧州の経済危機、日本の自然災害によってしばらくは混乱
すると見ていますが、タイの購買意欲の高まりにはさほど影響しないとCEOの
Suchada Ithijarukul女史がコメントしています。

新規出店に関しては継続され、12億バーツ~15億バーツを掛け3店舗を出店すると
しています。
合計店舗数は53店舗まで拡大します。

アウトレット店舗はアユタヤ県、ランパン県、ホアヒンへ建設します。
各店舗では5,000~7,000平米となり、従業員は300名ほどになります。