東南アジア株式市場

東南アジア株式市場では、インドネシア証券取引所(IDX)ジャカルタ総合株価指数
(JKSE)がマイナス8.9%安と大きく下落し、2008年時の金融危機時以来の大きな
下落率を記録しています。
ヨーロッパ、アメリカなど先進国の世界経済への懸念に加え、通貨ルピアIDRの
急落が株式市場へ大きく影響しました。

前日からマイナスで328ポイント下落と終値としては2011年1月以来の安値となり、
1日下落率としてはリーマンショック金融危機の2008年10月以来の下落となっています。
インドフード(INDF)はマイナス13%安、アストラ・インターナショナル(ASII)
はマイナス9.5%安となっています。

シンガポール証券取引所(SGX)ストレーツ・タイムズ指数もマイナス2.2%安となり、
およそ15カ月ぶりの安値。
マレーシア証券取引所(BRUSA)のクアラルンプール総合指数(KLCI)もマイナス2.2%安と、
1年超ぶりの安値となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。