タイのコメとインドネシアのコメ

インドネシア政府では70,000トンのコメを13.7億バーツでタイランドの
コメ輸出業者から購入するプランを計画見直しすると発表しました。
背景にはタイ政府の決定が差し止めがあったとしています。

タイランドでは10のコメ輸出業者があり、ベトナムもコメ輸出に関して
30000トン規模で販売入札に参加していました。

タイ側の輸出業者では1トンあたりで658USドルCIF
(cost insurance and freight)を提示してベトナム側の輸出業者では609USドル
CIFを提示しました。
双方共に2ドルずつネゴシエーションに応えたものの、
Ponglarp Co,
Siam Indiga,
Chaiyaporn International Co,
Asia Golden Rice,
Capital Rice,
Thai Hua (2511) Co.
と、タイ政府側からは今回タイ産のコメは購入しないと決定しています。
背景にタイ政府側が30万トン規模の政府間販売を取り止めたことが原因としています。
前政権のAbhisit Vejjajiva政権時にはMOU覚書まで決まっていたものが
キャンセルされたことが背景にあると関係者がコメントしています。
タイ側ではまだその決定はされていないとしながらも、インドネシア政府では代替
としてインドなどからコメ輸入を検討しているとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。