タイ 郊外におけるショッピングモール開発

タイの郊外におけるショッピングモール開発が加速しています。

バンコク郊外のシーナカリン通りはいずれイエローラインが開通すると言われているエリアですが
その通りにある大規模商業施設Paradise Parkパラダイスパークでは
7億~8億バーツで第2商業施設を2012年に建設すると発表しています。

副代表のChadatip Chutrakul 氏は隣接する8ライの不動産を既に取得済みで
Seri Center セーリーセンターと呼ばれていた商業施設をリニューアルしたパラダイスパークの
2号店を建設していきます。建設の工期は18ヶ月かかるとしています。
パラダイスパークの開発主体は
Siam Piwat社で他の開発商業施設にはサイアム地区にあるSiam Center やSiam Discovery Centerがあります。

小売商業スペースはおよそ2万~3万平米になる予定です。
既存のパラダイスパークは1日10万人が平均で訪問していてそのうちの15%は富裕層で
平均7000バーツは消費すると発表しています。