タイ クルンタイ銀行(KTB)

1966年に国営銀行が合併して設立。タイ国で資本金の規模で第2位の銀行。
法人向け、国営企業従業員融資をメインとしておりリテールにはそれほど力を
入れていないが銀行業界では大手法人・行政向けに大きな力を持つ銀行。

総資産額1兆8492億バーツ(およそ5.4兆円規模) 
資本金576億バーツ(およそ1700億円規模)982の支店を展開中。
タイ国内に7297のATMを設置し、海外支店を6店舗展開している。
(2011年6月末時点)
1989年にタイ証券取引所「Banking」のセクターへ上場する。
子会社KTC(クルンタイカード)ともつながり深く、薄い水色のイメージで
商業銀行として有名な銀行。
1997年には経済危機の影響でタイ中央銀行の金融機関再建開発基金FIDFの
支援を受けた。
生命保険分野ではKrung Thai Axa Life Insurance Co.,Ltd.として
フランス系アクサと提携している。

上位株主構成 
1) THE FINANCIAL INSTITUTIONS DEVELOPMENT FUND(FIDF) 55.12%
2) THAI NVDR CO.,LTD         3.82%
3) NORTRUST NOMINEES LTD.    3.41%
4) STATE STREET BANK AND TRUST 2.12%
5) VAYUPAKSA MUTUAL FUND 1 MANAGED BY MFC 1.88%
6) VAYUPAKSA MUTUAL FUND 1 MANAGED BY KTAM 1.88%