タイ サイアム商業銀行(SCB)

タイ国で資産規模第3位の銀行。ただし3位と4位カシコーン銀行は度々
入れ替わる。
紫のイメージカラーで1906年に設立され、王族経営から誕生したタイ最古の
商業銀行である。
1976年にタイ証券取引所に上場している。主要株主はタイ国財務省、
王室財産管理局である。
1997年の経済危機の際には公的資金の注入を受け建て直した。

総資産額1兆6862億バーツ(およそ4.8兆円規模) 
払い込み資本金339億バーツ(およそ1000億円規模)2010年末の数字では
1019の支店をタイ国内に持っており、8006台のATMを稼動させている。
子会社には自動車割賦販売関連会社サイアム・パニット・リーシング(SPL)
投資信託・資産運用会社SCBアセット・マネジメント、
サイアムコマーシャルニューヨーク生命保険(SCBLIF)等を抱えており、
子会社事業の再編化を推し進めている最中でもある。

上位株主
1 BUREAU OF THE CROWN PROPERTY AND GROUP 23.69%
2 VAYUPAK MUTUAL FUND 1            23.12%
3 CHASE NOMINEES LIMITED 42        5.12%
4 THAI NVDR COMPANY LIMITED        4.00%
5 HSBC (SINGAPORE) NOMINEES PTE LTD 3.56%