タイの政治

アピシット内閣では正式な年金基金や退職者のための基金として
長期の休職者やリタイヤメントした生活者となるタイ人、
およそ2400万人をカバーする新しい全国的な貯金年金基金を承認しました。

Vachara Kannikar(政府のスポークスマン)によると、100バーツ~1,000バーツまで
を受け取れるシステムにするとしています。
60歳以下を対象とし20歳~30歳までは月々50バーツ
         30歳代~50歳台は月々80バーツ
              50歳以上は100バーツを払っていくとしています。
2009年末現在、タイの労働人口の70%は、法的な退職者の貯金基金へ加入していない状態です。
今回の大きな退職者の貯金・年金プログラムは社会保障基金を含むとしていて、
企業、会社で労働者のために義務的な加入となる予定で、およそ1000万人をカバーします。