マレーシア 航空会社

日本ではJALの大型リストラ、企業年金問題、上場廃止などなど、毎日のように
報道されています。
1月13日の日経朝刊の一面トップ記事は、そのJALの企業年金制度の改正案
(減額案)が賛成多数に必要な3分の2を集めたという話でした。
さらにはリストラで15600人と言う人員を削減です。

東南アジアでは、格安航空会社同士の提携が発表されています。

オーストラリア航空最大手カンタス航空の格安子会社ジェットスターと
マレーシアの大手格安航空エア・アジアは、機体や部品の共同購入などで提携する
ことを発表。
格安航空専用機体の開発でも協力します。
オーストラリア~マレーシアなどの空港で機体整備の施設共有化などにも取り組み、
年間1億豪ドル(約83億円)以上のコスト削減効果を見込むとしています。