タイ メジャーシネプレックス(MAJOR)

ブログでもUPしましたが、最近再び映画産業も活発化しています。
タイにおける映画産業に関して言うと
欧米系、日本系、地場系の比率  
ハリウッド系70%  タイ地場系15% 日本系10% 韓国系5% 

映画市場規模、  タイ国における劇場映画の興業収入(外国映画含む)は、
タイ国映画協会連盟(FNFAT)において公表しているものはないが、ネーション
などの新聞社によれば、タイ国における劇場映画の売上は2007年で約47億バーツ
(約150億円)と売上の規模は小さいものの年ベース平均12%の伸び率で成長した
と発表されてます。

ちなみにタイ証券取引所に上場しているMAJORの2007年の売上では67億5200万バーツ
となっています。
ボーリング事業、カラオケ、DVDレンタルなども含む
内訳 チケット  30億バーツ
    使用権   5億バーツ
    広告     9億バーツ
    ボーリング  5億バーツ
    DVDなど  6億バーツ
    レンタル   4億バーツ
メジャーシネプレクッスは映画館の80%を占めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。