タイ PTTグループ(PTT)

PTTグループとサイアムセメント(SCC)グループは行政裁判所へ向け、事業許可
嘆願を起こしています。
PTTグループとSCCグループでは各々6つの停止されたプロジェクトを再開するため
行動を同じくして許可嘆願を実行しています。
サイアムセメント(SCC)では6つのプロジェクト(合計300億バーツ)
ポリエチレン生産事業、石油化学事業、その他など。

他にもPTT フェノール、アディヤビルラケミカルズ(タイ)、
バンコクシンセティック、ブルースコープスチール(タイ)なども合わせて、
事業再開への嘆願の動きを進めています。
タイ政府側では2010年までに大半の事業は再開できるよう、許可申請のやり直しと
審査への再開手続きを進めています。

PTTの売上予測は2009年のレベルからプラス20%増となることを予想しています。
2010年度は、PTTがPTT アロマティクス(PTTAR)、PTTケミカル(PTTCH)
IRPC(IRPC)とタイオイル(TOP)を合併する計画が実施されるとコメントしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。