タイの小売事業各社の対応

BIGC ビッグCスーパーセンター(BIGC)   通りの真向かいとなり休業。
CPN セントラルワールド(CPN) 通りの真向かいとなり休業。
ERAWAN エラワンハイアット (ERAWAN) 通りの真向かいとなり閉鎖。一応営業。
この他にもザ・モールグループの経営するサイアムパラゴン、高級ブランドが入店するゲイソン、
隣接する伊勢丹タイランドなどはすべて休業に追い込まれています。

タイ工業連盟、商工会議所など経済3団体では、タクシン派のデモ開始後で
3週間の経済損失がおよそ100億バーツに上ると発表。観光以外にも大きく被害が発生しつつあるとみています。

ただし、一方で、タイ証券取引所(SET)株価指数は808.15ポイントと
2010年初来最高値を更新しています。
タイの政情不安というマイナス要因を上回り、自動車生産台数、輸出主導の経済成長のデータが予想より良いことが
海外投資家の買い材料を支えているとしています。

タイ政府は5日に、即刻退去命令を出すよう裁判所に申請したものの、
裁判所は「政府はすでに権限を持っている」として却下していて、政府として裁判所の命令で立ち退きさせる手筈だったのが
外れてしまい、7日にも軍の出動が予想されています。