タイ プルックサーリアルエステイト(PS)

タイの中間層でも住宅購入が可能になってきたことで
タイの不動産業界地図も大きく変化が起きています。
これまでアサナボーキン財閥の誇る、LH ランド&ハウス QHクオリティハウス  APアジアンプロパティなどが
成長して続いてSIRI サンシリ SPALI スパライなどが続いていました。

しかしながら、低価格路線でPS プルックサー LPN LPNデベロップメント などが
猛追してます。

特に2010年初めて売り上げでプルックサーリアルエステイト(PS)が首位に躍り出ています。
プルックサーは中間、低価格層を販売ターゲットに事業を急拡大。
バーン・プルックサーなどの一戸建てから
コンドミニアムIVYなどの販売を増やしています。

             2009年売上          純利益
プルックサー(PS)    190億バーツ        36.2億バーツ 
ランド&ハウス(LH)   179億バーツ        38.6億バーツ
クオリティハウス(QH)   115億バーツ        17.7億バーツ
スパライ(SPALI)      96億バーツ        24.9億バーツ      
LPNデベロップメント(LPN) 85億バーツ       13.5億バーツ 
SCアセット(SC)      47億バーツ        7.6億バーツ
ノーブル(NOBEL)      28億バーツ         3.4億バーツ
メジャーデベロップ(MJD)  29.9億バーツ       4.0億バーツ