フィリピンの政情

フィリピンのマイナス面ばかり強調したものの、良い面もある、
フィリピンの輸出相手国として隣国中国が2007年以降、米国、日本を越えて、貿易額が増加している。
アセアン経済統合、関税ゼロ化の影響もあってフィリピンの経済、フィリピン株式市場、フィリピンの通貨に良い影響を与える可能性もある。

さらに、インドシナ半島、アセアン全体へのインフラプロジェクトが開始されることも
フィリピン経済を後押しする。
日本や中国が出資し、官民一体型の「インフラ投資・産業振興策」を、
インドシナ半島、メコン地域に続いて、フィリピン海・インドネシア海域へ拡大しつつある。