タイの自動車

いすゞ自動車は日本国内にあった次世代ピックアップトラックの開発部門を
タイへ移管すると発表しています。
今後世界でもピックアップ生産機能が世界2位(1位はアメリカ)である
タイにおいての開発を進めます。

日産の新型マーチもタイの工場で生産され
トヨタ、三菱のエコカーもタイで今後新興国モデルとして生産されることから
タイの自動車部品業界でも景気が上向くとの見方が広がっています。

またモーターショーとは別途「第4回自動車部品展示会2010」を
4月28日~5月2日に開催し、世界から300社が600ブースで展示。来場者は16000人規模を見込んでいます。
タイは自動車部品供給で日本の技術を受け入れています。