タイ ACL銀行

タイ証券取引所へ上場するACL銀行は、中国工商銀行 THE Industrial & Commercial Bank of CHINA (ICBC)
がACL株式の97%を取得したことを発表しています。
97.2 % は150億バーツで購入していて、TOBをおこなったとしています。
これまでACL銀行はバンコク銀行(BBL)が出資していましたが、
ワンプレゼンス政策により売却を迫られていて中国コネクションによって中国工商銀行が購入しました。

これまで外資系金融機関が50%を越える出資は認められるのが困難でしたが
2009年バンクタイ(BT)はマレーシアの第2位の金融機関CIMBに90%以上出資することで
事実上売却されています。

2010年はカナダのスコシアバンクがタナチャート金融(TCAP)を通して
サイアムシティ銀行(SCIB)を購入しています。

これでタイにおける商業銀行は
バンコク銀行(BBL)     華僑系タイ
クルンタイ銀行(KTB)     国営
カシコーン銀行(KBANK)    華僑系タイ
サイアム商業銀行(SCB)    王室系
タナチャート金融(TCAP)   カナダ金融機関
アユタヤ銀行(BAY)      華僑系タイ+GEマネー
TMB銀行(TMB)        国営+ING

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。