タイの不動産

タイの不動産に関する固定資産税が一応閣議の承認を得ました。
土地、建物に課税する土地・建物税の導入ですが、中小のオフィス、個人向け不動産には対象になりません。
タイには固定資産税、相続税がないため、これまでは
不動産投資は大きければ大きいほど有利でしたが、遊休地に関しては課税対象になる可能性も出て来ました。

BTS駅前の土地で有効活用されていない場所としては
ナナ駅前、スラサック駅前などがあります。
逆にオンヌット駅前、アソーク駅前、プラカノン駅前などは開発が急ピッチで進んでいます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。