タイ証券取引所

バンコクでは22日夜シーロム通りでの爆発事件が発生。
株価も開始時から急落しています。

サラデーン駅高架橋の周辺でガラスが割れ、日本人のけが人も発生した情報も出ています。
タイ保健省は1人が死亡したと発表。この爆弾はラマ4世通りを挟んだ
ルンピニー公園側を占拠しているUDD側から発射されたと政権側は主張しています。

これまでは官公庁・バンコク銀行を狙った爆弾事件があったものの、
今回民間人を巻き込んだものだったため、国民にも衝撃が広がっています。