タイの政治

爆発場所は高級ホテルドュシタニホテルからすぐ近くの喫茶店アンボンパン「」
などで爆発。22日午後8時~9時で6回連続して発生。
速報では1名死亡、80人以上がけがをしたと発表されています。
これまでシーロム通りでは大渋滞が発生し、黄色側から、地元住民からも撤収を求める
よう声が上がり、対立が起こっていました。
日本の外務省は翌日の23日、バンコクへの渡航情報危険レベルを引き上げています。

23日はBTS一部路線では運航中止。企業間では緊急で休日にさせる企業も出ています。

その後、タクシン元首相派支持グループUDDの幹部が
今後30日以内の下院解散を条件に、アピシット政権との協議に応じる用意を見せています。
下院の即時解散しか受け入れないとしてきたレッドシャツグループUDDが
初めて、対話による政治的解決に向けて譲歩してきたかたちになります。