マレーシア エアアジア

オーストラリアのLCC低価格航空会社
ジェットスター航空グループでシンガポールを拠点とする「ジェットスター・アジアエアウェイズ」は
日本の関西国際空港とシンガポールのチャンギ国際空港を
台北経由したラインで結ぶ便を7月から開始するとしています。毎日1便飛ぶことになります。
関空-シンガポールで最低で1万4千円(台北までは最低6000円)の低価格を実現します。

今後東南アジアでも格安航空会社の便数が増加することが予想されています。
中でもマレーシアのエアアジア、シンガポール航空の子会社であるタイガーエアウェイズは
注目企業のLCCになっています。