タイ チョーガンチャーン(CK)

地下鉄ブルーラインの建設事業への入札申し込みに関して、外国企業の参入もあったことを
MRTA タイ大量輸送機関が発表しています。(※パープルラインはすでに3社がそれぞれ入札が決まっています。)
地下鉄ルートはホアランポーン駅~サナムチャイ駅までとなっていて、
2.8Kmとなっています。
これには4社
Italian-Thai Development (ITD)
SN Joint Venture (Sino-Thai Engineering +Nawarat Patanakarn合弁)
Ch Karnchang (CK)
ZT Union Joint Venture(Zhongtian Construction Group +Unique Engineering合弁)
が入札希望を出しています。

また第2ルートでは2.6Kmでサナムチャイ駅~タープラ駅となっています。
同じく4社が入札希望を提出しています。
第5ルートまであることから順次入札が発表されていく予定です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。