タイ証券取引所

タクシン派、反タクシン派の妥協点をさぐるポイントは容易では無くなってしまっています。
憲法の改正問題なども複数残っています。

もともとは比較的安定していたタイの政情は
タクシン氏と言うこれまで無かったタイプの政治家が登場して
独裁的な要素を出しつつ、様々な改革をおこなったことに
既得の権益を持つ層、一部の中間層がこれに反発し始めたことがきっかけとしてあります。

その後2006年9月に軍事クーデター(無血)が発生しました。
タクシン氏を追放したものの、1年後の総選挙で再びタクシン支持者グループが勝利。
地方を中心に支持基盤を残しています。

2009年、2010年と変わらない対立構図のまま解決せず
時間だけ流れていますが、なんとか早急にこの混乱は終わって欲しいものです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。