タイの政治

タイの政治的な混乱を背景に、タイへ投資していた日本の国内投信は、
タイの上場企業組み入れを外す動きが出ているそうです。

>投資対象としては魅力的な見方がされている一方で、
>短期的には流動性の問題や情勢を見極めたいとの見方が台頭している。

東南アジア諸国の中ではタイは割安な状態ではあるので
今後伸びる予想もありますが、今回の衝突で外国投資家が見直す可能性もあります。
その場合はバーツが安くなります。

また逆に安心度が高まれば、買いが入るのでバーツは高くなり
タイ証券取引所の株価も良い方向へ行くとの予想がされています。

不動産などの面で見ればバーツは安いままの方が良いですし
株価が今後上昇する方向を望めばバーツは高くなることが予想されます。

現在シンガポールとマレーシアの経済回復スピードが速いので 外貨はマレーシアリンギ高などへ動いています。