タイの政治

タイの政治的な混乱を背景に、タイへ投資していた日本の国内投信は、
タイの上場企業組み入れを外す動きが出ているそうです。

>投資対象としては魅力的な見方がされている一方で、
>短期的には流動性の問題や情勢を見極めたいとの見方が台頭している。

東南アジア諸国の中ではタイは割安な状態ではあるので
今後伸びる予想もありますが、今回の衝突で外国投資家が見直す可能性もあります。
その場合はバーツが安くなります。

また逆に安心度が高まれば、買いが入るのでバーツは高くなり
タイ証券取引所の株価も良い方向へ行くとの予想がされています。

不動産などの面で見ればバーツは安いままの方が良いですし
株価が今後上昇する方向を望めばバーツは高くなることが予想されます。

現在シンガポールとマレーシアの経済回復スピードが速いので 外貨はマレーシアリンギ高などへ動いています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。