インドネシアのタバコ産業

テレビにインドネシアの喫煙をする赤ん坊のニュースが出ていました。

>2歳にして喫煙本数はなんと一日40本。
>小さなヘビースモーカーの存在がインドネシアで物議をかもしています。

インドネシア証券取引所(IDX)に上場するタバコメーカーは4社。
これはインドネシアでは紙タバコなどがかなり普及、浸透していて街中タバコを吸う人が
多いのがバンコクやシンガポールとの違いです。
インドネシア証券取引所(IDX)の大手タバコ会社は以下の企業がある。
1:
HMサンポエルナ(HMSP)社はインドネシアの上場タバコ会社。
インドネシアのタバコ王プトゥラ・サンポエルナ氏が有名。
http://www.sampoerna.com/

2:
グダン・ガラム(GGRM)は、H.M.サンポエルナ社と競合する。
インドネシア・タバコマーケットシェアでは1位。
世界最大クラスの紙巻タバコ生産工場を保有するインドネシアの民間タバコ会社である。
1958年にSurya Wonowidjojo氏によって設立された。
1990年にインドネシア証券取引所(IDX)に上場している。
http://www.gudanggaramtbk.com/

3:
ベントール・インターナショナル・インベスタマ(RMBA)
Bentoel International Investama Tbk
インドネシアにおける貿易、工業製品製造、木材生産などを行っている。
3つの事業カテゴリがあり、
クレテックタバコのタバコ事業、非タバコ事業、 リクエーションパーク事業となる。