タイの不動産

タイ証券取引所に上場しているタイ不動産の14社の統計で
159の住宅開発プロジェクトが今後控えていると発表されています。
総額2020億バーツとなっていて、調査したアジアプラスセキュリティ(ASP)では
供給過多になる可能性も指摘しています。

第2四半期は政情不安の影響もあって
発表や建設開始時期を遅らせる企業もありましたが、2010年度は130プロジェクトが
低層住宅タイプで、残り29プロジェクトは高層建築のプロジェクト開発になります。

またタイコンドミニアムアソシエーション(TCA)では
高級物件でも特に平米8万バーツ以下の物件がよく売れているとコメントしています。
そして2010年後半は5つのリスクがあるとしていて
1建材価格の高騰の可能性
2土地価格の高騰の可能性
3インフレーション、
4金利引き上げの可能性
5政情不安                     を挙げています。