タイ シートラン・アグロ・インダストリー(STA)

電子部品・台湾系カルコンプ・エレクトロニクス(CCET)は
水曜日に+8.5%で大きく伸びています。
パソコン関連部品の需要拡大を受けて、第2四半期の業績も好調であると予想が出ています。

タイ国内天然ゴム生産1位の
ゴムメーカーのシートラン・アグロ・インダストリー(STA)では
2010年度はゴムの相場が上昇している傾向と、
タイ国内での自動車業界生産台数上昇での発注増を背景にして
2010年の売上高見通しは過去最高の700億バーツとしています。結果、株価も上昇を続けています。

2009年度は売上469億7900万バーツで
純利益では21億4100万バーツでした。