タイ バンコクゼネラルホスピタル(BGH)

バンコクゼネラルホスピタル(BGH)では2010年業績見通しの変更はないと
発表しています。売上は7~9%の増加をみていて
上級副社長John Lee Kohshun氏は外国からの患者は4月5月それぞれマイナス10%と
落ちたものの、今後回復するだろうとしています。

2009年度通期では売上221億8000万バーツで
純利益17億3000万バーツでした。

2010年第1四半期では売上61億1000万バーツで、
純利益7億7700万バーツでした。

今回の政治危機よりも中間層の台頭で、より健康志向が増えていくとしていて
長期で見れば回復は確実であるとしています。
タイでも大衆薬の普及(サロンパスなども進出)していて今後医療検査ビジネスも
見込めるとしています。

BGHでは3000ベッドと19の子会社提携病院があり、
BNH病院、サミティベート病院、などを傘下におさめています。